まえがき
DP35DPマザーにUbuntu 11.04(64bit版)をセットアップしてサーバ運用していますが、lm-sensorsではどうしても温度、電圧、ファン速度を取得することができず、以下のようにプロセッサのコア温度しか分かりませんでした。

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0: +39.0°C (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)

coretemp-isa-0001
Adapter: ISA adapter
Core 1: +40.0°C (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)

今回、これらを取得することに成功しました。他の新しいチップでもうまくいくかもしれません。
なお、菌XP_SP1の独自実験ですので、何も保証はありません。自己責任でお願いします。

HECIドライバでの取得方法はこちら
今回、新にIntel MEI Driverでのセンサー取得に成功しました。

Intel MEI Driverは、HECIドライバのときのようなパッチ当ても不要で、そのままインストールできましたが、heci-qstはioctl(CONNECT_CLIENT)のパラメータ長とデータ形式が違うようで、その部分の修正が必要でした。
準備するもの

MEIドライバ(Ubuntu 11.10は不要)

http://software.intel.com/en-us/articles/download-the-latest-intel-amt-open-source-drivers/
"Download the MEI driver"からダウンロード

HECIドライバを使用する場合の説明は、こちらを参照してください。

※Ubuntu 11.10はMEIドライバはOSバンドルされているので、不要です。

heci-qst.c

ダウンロード(機能追加版)
オリジナルはこちら。
http://lists.lm-sensors.org/pipermail/lm-sensors/2009-October/026830.html
MEIドライバをビルドする(Ubuntu 11.10は不要な作業)
mei+7.1.20.25.zipを解凍し、その下のmei-7.1.20-25.tar.gzをさらに解凍してソースを抽出する。
srcディレクトリに移動してmakeを実行する。コンパイルエラーがないことを確認する。
make installを実行する。
modprobe meiを実行する。
heci-qstをビルドする
heci-qst.cをコンパイルします。

gcc -D MEI -o heci-qst heci-qst.c

sudo ./heci-qstで実行。よさげな感じです。

**heci-qst(Intel MEI Driver Version)**

CPU 39.81 ?C
MB 38.95 ?C
ICH 75.73 ?C
MCH 68.81 ?C
CPU_Fan 1234 RPM
OUTL_Fan 712 RPM
AUX_Fan 597 RPM
+12_Volts 12.248 V
+5_Volts 5.134 V
+3.3_Volts 3.389 V
MCH_Vccp 1.240 V
CPU1_Vccp 1.174 V

各センサー名と実際の対応が変な場合はソースを見て、各マザーに対応するように修正してください。

あと、オリジナルから少し機能追加しています。
heci-qst [回数] [待ち時間]

待ち時間(秒数指定)周期で回数分を取得して平均を標準出力に出します。
回数と待ち時間は片方の指定はできません。必ず両方指定するか、省略します。
あとは、この出力をmtrg等に渡せば、グラフ化することも可能です。

《2011/09/05》
CPUによっては、本当の温度だったり、限界温度までのマージンだったりするようです。
前のCore2Duoは温度で取れていたのですが、Core2Quadにしたらマージンになってしまいました。
現在、アップロードしているheci-qstは、CPU温度だけ(100度-取得したデータ) で補正させています。

《2013.01.13修正》
マージンの計算が間違っていて、引くところを足していました。。。
このため、とてつもない温度が出ていました。
なぜか家では動いていたので、アップロードするソースを間違えたものと考えられます。
ごめんなさい。