お国自慢
菌ちゃんは福岡県の小倉の生まれなんですが、北九州ネタなんかを少しずつ書いていこうかなぁ〜と思います。ハッキリ言ってローカルネタなので、分からない人には分からないです(涙)。
小ささかった!北九州空港(2006年3月閉鎖&移転)
菌ちゃんがまだ幼少のころ、よく親に連れて行ってもらった空港です。

当時は私自身が小さかったということもあって、とても飛行機が大きく見えたのですが、今から思うとYS-11(64人乗り)という双発のプロペラ機でした。
当時は、確か松山と大阪だったでしょうか。一日に7本も8本も飛んでいたのですが、新幹線の開通やらで年々減少していき、遂に定期便が休止してしまいました。「いつかは、ここから飛行機に乗りたいなぁ〜」って、ずっと思っていたので、とても残念でしたねえ。

そのうち大人になってしまい、関東で働くようになりまして、独身のときの帰省はもっぱら福岡空港経由で。結婚して子供ができてからは寝台特急をメインで使っていましたが、、寝台特急もなくなっちゃいました。。

そのうち、「北九州空港が復活する」という噂を聞き、2000年の春に初めて念願の北九州空港に降り立ちました。滑走路が少し延長されてジェット機が飛ぶようになったのですが、何と言っても小さいです。

なんだかファミレスに見えなくもない。嫁は「ピョンヤン空港?」とか言ってましたけど。まぁ羽田とか成田を見慣れている人にはカルチャーショックでしょうねぇ。

沖合いを埋め立てて、あたらしい空港ができたのですが、幼少の頃から遊び場にしてた私に言わせてもらえば、なんとなく寂しいですね。
ファミレス?これが北九州空港のターミナルです。

旧ターミナル。昔はこちらに全日空のYS11が発着していました。

降りてきた〜!地方空港は平行誘導路なんかないので、端まで行ったらUターンして戻ってきます

もう少しでターミナルの前に来るぞ〜

到着〜!

次の出発準備中

これは羽田空港。大雨降ってるし。。

こっちは福岡空港。。飛行機がウジャウジャ。。汗

今もあるのか?デオニー小倉本店
たぶん、もうなくなっていると思いますが、高校のころ、よく行った電気デパートです。パソコンコーナーがあって、そこに入り浸っていました。しかし、この・・・・デオニー小倉*本店*なのですが、実は非常に不思議な店で、*本店*というくらいだから、当然*支店*もあると考えるのが当然じゃないですか。でも、実際は支店なんか一店もなかったりします。なにゆえ本店なのでしょうか?謎は尽きません。
井筒屋の「オムチャ〜メン」まだ健在?
ますます、ローカルネタになってきましたが、小倉は魚町のド真ん中に井筒屋というデパートがあります。昔、放送されていた「小川ひろしショー」という番組の北九州ローカルCMで「いぃ〜つぅ〜もぉ〜いいものぉ〜い〜づ〜つ〜や〜(ハモり)」なんて歌が入っていたのですが、今も耳から離れません。そういえば、寿屋というデパートもあったのですが、「いらっしゃいませ〜こんにっちわっ、あっなたのまちのぉ〜こっとぶきやぁ〜」って歌もまた秀逸です(大泣)。
それはいいとして、この井筒屋の屋上に「オムチャーメン」というメニューがあって、以前は行ったときによく食べていました。早い話が、やきそばを卵で包んて、ソースをかけたものですが、これが結構イケるんですわ。今度帰ったときに、ぜひ行ってみようっと♪
ちなみに、井筒屋ですが、例のサザエさんがマスオさんとお見合いをした場所だって知ってる人は少ないでしょうねぇ(撃沈)。

これが平成オムチャーメン(感動)
<2007.03.25>
先日、小倉に帰ったときに、まだ売っているのを確認しました。一家揃って賞味。。。。
路面電車なくなっちゃったよぉ〜
けっこう最近まで、路線は縮小されましたが路面電車が走っていました。昔は門司の端から八幡黒崎駅までと、途中で分岐して戸畑まで縦横無尽に走っていたものですが。そうそう、最初に廃止されたのは、私が住んでいた小倉南区まで走っていた「北方線」でしたねえ。運転手と車掌の2人1組で運転されていて、車掌側ドアの乗り降りが終わると「チンチ〜ン」ってベルを鳴らして運転手に合図していましたっけ。小倉駅周辺の道路は4車線以上の道路で右回りに巨大一方通行を形成していて、車の流れに逆らって走る路面電車は、これまたスリル満点でした。その一歩通行もなくなり、路面電車もなくなってしまったので、帰省して、かつて走っていた道路に立つと、なんか「クリープを入れないコーヒー」のような気分になります。